美髪矯正専門店でのレッチの意味はストレッチの略語

美髪矯正専門店でのレッチの意味は、ストレッチの略語として解釈してください、アイロンやロッドをまくときテンションをかけると表現しますが、この際、毛髪には引く力が加わっています、毛髪が引き伸ばされるということからストレッチを連想させるので、レッチという言葉が使用されています。ストレッチ法は髪でも重要な技術となっているので、この言葉の意味をご理解ください。
美髪矯正専門店でのレッチの意味はストレッチの略語

レッチの意味

英語でのレッチの意味は、吐き出すなどの意味もあり、トリートメントを吐き出すようなイメージも考えられます。また、ムカつくなど、少々ビジネスには向かない言葉のようにも思います。美髪矯正エンパニ®では、シルクストレッチをシルクレッチ®、美髪ストレッチを美髪レッチすべてに関して、薬剤コントロールを行える技術者が、アイロンテクニックを最上級まで攻略し、ダメージの出ないストレッチを毛髪にかけることが可能です。この技術力は、薬品のコントロールとトリートメントを使用しない環境で最高のテクニックを使うことにあります。レッチ®技術の最上級の技術がエンパニ®(艶羽)となります。

美髪矯正専門店でのレッチの意味はストレッチの略語

シルクストレッチをシルクレッチ®

シルクストレッチ技術は、毛髪内部結合の美髪化を促す技術で、保湿技術をしてまた、美髪矯正として最高レベルにある技術です。美髪縮毛矯正に関しては、エンパニ®を習得した技術者が最高ランクとなります。美髪矯正・美髪縮毛矯正に関しましては、エンパニ®(艶羽)が18年言い続けてきたネーミングとなります。トリートメント不要技術なため、トリートメントを使用している美髪矯正は、ただの疑似作用を使うごまかし技術なのでご了承ください。

美髪ストレッチを美髪レッチ®

レッチ®技術の中でも美髪にこだわるサロンが使う言葉として美髪ストレッチ(美髪レッチ®)があります。シルクレッチ®と変わりのないものですが、サロンによっては、どちらを使うかはわかりません。極髪®を表現できる技術としてすべて作られております。マイム®矯正もその一つです。エンパニ®では、トリートメント不要の技術を美髪技術としており、このレベルにあるサロンが美髪専門店として表現されています。

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 美髪矯正 美髪縮毛矯正 パーマリンク