国宝級美髪技術艶羽(エンパニ®)美髪矯正

国宝級美髪技術艶羽(エンパニ®)美髪矯正は、濃厚トリートメントを毛髪に入れ込むことはしません!国宝級美髪技術といえる美髪矯正は、濃厚トリートメント効果を使用しないで美髪にできていることから、そのことは事実ということになります。なぜ?どんなことが言えるの?濃厚トリートメントは毛髪をダメにするからです!え!誰がそんなことを信じるんですか?いえいえ、事実なので仕方ありません!毛髪に入れ込む異物に関して、何が起こっているのか、どんな方でもわかるように説明していきます。

国宝級美髪技術艶羽(エンパニ®)美髪矯正
トリートメント不要で証明されている!ここまでできる!
国宝級美髪技術艶羽(エンパニ®)美髪矯正

国宝級美髪

国宝級の美髪は、毛髪自体が滑らかで、艶やかな艶をまとう毛髪を言います。まさに下の毛髪が、艶羽(エンパニ®)美髪矯正を行った毛髪です。これこそ、美髪矯正の極致です。もともとの毛髪環境もよく初めからのダメージのない毛髪なのでここまでの美髪矯正となります。様々な毛髪性質があるのでそのできばいにかんしては、多少の差はありますがほとんどの方は確実に国宝級の美髪になっていきます。

濃厚トリートメント不要の事実

濃厚トリートメントは、使用すると、後々乾燥の元となるという事実を知っていただけますか?この事実を簡単に説明します。毛髪に何かが入るということは、毛髪が膨らむということですね、毛髪が膨らむということは、その分毛髪には隙間ができてそこへ異物が入り込むのですよね!カラーなどを行った毛髪に濃厚トリートメントを入れます。すると、毛髪は、カラーで膨らんでしまった隙間に濃厚トリートメント剤を入れ込んでしまいます。すると、毛髪内部には、この濃厚トリートメント剤ガスを作る空間ができます。多くの研究者は、毛髪の内部成分が流れ出した空間がダメージホールという説明をしていますが、そうではありません!溶けて流れ出したものもありますが、膨潤した隙間にトリートメント剤は入りこんで、このダメージホールの種を作ってしまっています。更に日常アイロンなどをかけることで、トリートメント剤が穴をふさいでいる環境では、水蒸気の逃げ場がなく、ダメージホールはどんどん大きくなっていきます。これが、アイロンをかけた時のバサバサにつながり、多くの方がこの一番柔らかい時に、アイロンで引っ張りさらに毛髪に引き延ばしのダメージを作ります。さて、この事実を知った美容師が、記事をかけるのかというと、書けないでしょうね!技術力がなければ、濃厚トリートメント剤は手放せないからです。艶羽(エンパニ®)美髪矯正技術者は、その部分を理解しコントロールできるので、濃厚トリートメント剤を手放すことができています。

この状態が、濃厚トリートメント系技術の慣れの果てです。
国宝級美髪技術艶羽(エンパニ®)美髪矯正
ことらもそうです。
国宝級美髪技術艶羽(エンパニ®)美髪矯正

ダメージホールはいつできる?

ダメージホールは、薬品を作ったとき毛髪が極端に膨らむときに作られやすい、この膨らんだ時の隙間がダメージホールとなっていきます、ここにトリートメントを入れこむこと、それは、薬剤で出来てしまったダメージホールを穴埋めする考えが今まで続いてきています。艶羽(エンパニ®)美髪矯正はこの部分を画期的に改善できています。薬品の使い方、アイロンの使い方、その環境を作り上げるラスターローション!すべてがなければ、完璧にはなりません。

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 美髪矯正 美髪縮毛矯正 パーマリンク