美髪矯正

極美縮毛矯正に使う材料|極美®シリーズの商品はメーカーが製造を嫌がった縮毛矯正ローション

極美縮毛矯正情報

極美縮毛矯正で使われるローションは、メーカーが製造を嫌がった縮毛矯正ローション『極美®(きわみ)』シリーズ、この極美は、エンパニ®が誇るノウハウから作りだされた、簡単に縮毛矯正を見切る環境を作る設定で作りこまれ、さらにアイロン時に毛髪が安定して変化するように設定されています。

この極美®を使うことによって、美容師の腕は上がりダメージを作らなくなります。ここが非常に問題ですね!ダメージを作らなくなることは、メーカーにとって最悪なことだと思いませんか?物が売れなくなるということが起こります!

当然、極美の製造は嫌がられます、しかし、未来には、必ず美容師の腕が上がりダメージが究極までに少なくなるので時間の問題なのです。

ノートリ宣言をする美容師達が続出する、ダメージを消すという結合強化技術を行えるローション極美を今後販売していきます。販売予定は、2021年10月現在から1年後です。このことにより、美容業界からは、縮毛矯正時に必要とされているあらゆるものが不必要となっていきます。こんなことが現実に起こり、確実に美髪革命が起こっていきます。

極美縮毛矯正に使う材料|極美®シリーズの商品はメーカーが製造を嫌がった縮毛矯正ローション

極美縮毛矯正の特徴

極美縮毛矯正は、毛髪内部に何らかの成分を入れ込んでごまかすものではなく、毛髪内部の結合を安定させ結合強化を起こし水分維持力を増させることで美髪環境を作る優れもの技術です。極めた美髪!で極美、これが由来する言葉、さらに、美髪縮毛矯正からのステップアップ表現となります。

極美縮毛矯正は、当然ノートリ宣言を行っている美容師の技術です、毛髪内部に浸透しダメージホールの維持をしてしまう異物処理技術は後々のダメージホール拡大につながるため使いません!縮毛矯正時に濃厚トリートメント剤を使用してしまうことは、薬品で膨潤した際に出来る毛髪内部の空洞に異物を入れてしまうので、この隙間が育ちダメージホールとなります、よって、極美縮毛矯正で使うことが無いのです。

『極美(きわみ)』公式解説

極美は、エンパニ®美髪システムが、縮毛矯正で散々迷い果てた美容師さんたちが正常な毛髪理論を手に入れられるように開発した画期的な縮毛矯正ローションとなります。ある丁度良いというレベルをどんな美容経験者でも一定の成果が出るように設定されています。薬品も極美シリーズとして新たに設定していきます。最高レベルを行える極髮師のレベルから、初級段階のレベルの方々まで、結果に差はありますが、全て現状の技術結果より良い効果を発揮する優れものとなります。本来の毛髪性質に則った技術となります。現在の美容業界の薬品は、毛髪安定ではなく、新成分による毛髪成分の性質を根底から奪ってしまうものが多くあります。そのような技術ではなく安定した毛髪内部攻勢を整える技術となります。
極美縮毛矯正に使う材料|極美®シリーズの商品はメーカーが製造を嫌がった縮毛矯正ローション

極美(きわみ)シリーズ

極美シリーズは、マーカーが製造を嫌がる究極の縮毛矯正ローションと毛髪のダメージ環境を読み取り薬品を設定できる縮毛矯正剤の販売を行う形になります。これによりすべての毛髪がマニュアル化されることになります。誰でも一定の力を発揮できる環境を作ります。美容師の実力が上がれば本当の毛髪性質が美容師に見え始めます。この現象が起きれば、美容業界に美容革命・美髪革命が起こります。美容師が毛髪をコントロールし始めると美容業界からはダメージが消え、不必要なものが消えていきます。環境浄化にもつながることは間違いありません。無駄をなくす!ここが重要ですね!しかし、人は、毎日使うシャンプーもリンスも必要です。美容メーカーはここにスイッチすれば確実に生き残ります。余計なものに支えられているメーカーは、つぶれることになるでしょう。
極美縮毛矯正に使う材料|極美®シリーズの商品はメーカーが製造を嫌がった縮毛矯正ローション

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 美髪矯正 美髪縮毛矯正 パーマリンク