縮毛矯正 – 上手い縮毛矯正はダメージホールの無いノートリ美髪結合矯正

縮毛矯正情報 上手い縮毛矯正はダメージホールを作ることのない実力!ダメージホール、損傷を軽減できたからこそノートリ(トリートメント不要)ができる!ノートリ美髪結合矯正の美髪力は、損傷軽減より元の神までも美しくする美髪結合強化技術となります。毛髪内部結合が美髪効果を発揮する安定した内部構造になるので、この構造を壊さない限り毛髪は美髪状態を継続する内容となります。毛髪は、化学的な反応によって、美髪に変形してくれることがはっきりとわかる現象をエンパニ®は発見し、ノートリ美髪結合矯正を技術者が扱える内容にまで確立させています。結合強化技術の美髪結合矯正という表現の技術、トリートメントで固めたり、フィルム化したりしない物、毛髪の内部構造を化学反応で構造変化を与え美髪に変化させてしまう。このことができているのは、エンパニ®美髪システムの美髪矯正や美髪縮毛矯正がその内容をお客様へ提供できています。

上手い縮毛矯正美髪結合矯正

上手いといえる縮毛矯正は美髪結合矯正を行う美容師!ノートリ(トリートメント不要)に条件で美髪に向かわせることができる美髪縮毛矯正です。毛髪を丁寧に扱うことで毛髪内部の結合強化から得られるもので、決して、油分やアミノ酸等の物質がダメージホールへ入り込みツヤを与えるものではなく、結合強化によって得ることができる水分維持力が、毛髪に艶を与える画期的なノートリ(トリートメント不要)技術です。美髪結合矯正はトリートメントなどで毛髪に疑似作用を与える技術ではありません。毛髪は、還元剤によって上手く結合を外し上手く再結合を行えば確実に美髪になるのです。エンパニ®が作るローション剤はすべて毛髪がその時に必要な環境条件を整えて、上手く化学反応が起こるように設定されている商材です。内容成分が残って効果を指すものではなく、その内容成分は、毛髪が上手く化学反応を起こすときに必要な環境状態を作る目的となっています。

縮毛矯正 - 上手い縮毛矯正はダメージホールの無いノートリ美髪結合矯正

美髪結合矯正≪美髪効果の維持≫

美髪結合矯正の美髪力は、この技術で行った結合が切れない限り美髪は続きます。結合が切れる条件は、強い紫外線に当たり続けること、毛髪のイオン結合が離れる環境、pHが高い状態に付け込まれること、カラーや海、強アルカリの温泉などに浸しておけば結合が離れ効果が薄れます。しかし、美髪結合矯正が劣化する環境は、日常生活では非常に少ない環境なので、ほとんど切れません。海に関しては、紫外線とアルカリがそろうので、毛髪は結構バサバサになりますが、高いアルカリ状態でもないので全てがダメになることはありません。もし劣化していると感じた場合、最寄りのエンパニ®サロンへお越しください。復元カラーや復元美髪矯正で復元できます。
縮毛矯正 - 上手い縮毛矯正はダメージホールの無いノートリ美髪結合矯正

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正 パーマリンク