縮毛矯正 – 日本一と言える縮毛矯正はトリートメント不要!確実な法則の元美髪に向かう

縮毛矯正情報 日本一の縮毛矯正は、施術後美髪になるのは当たり前、そしてダメージを感じない!損傷が出る工程ではない技術である。そのことを証明するには、濃厚トリートメントは使ってはならない、何故なら、損傷がないなら、ノートリ(トリートメント不要)環境の素髪でノーブローが当たり前だから!ここが重要なのです、ノートリ(トリートメント不要)ノーブローが絶対条件!トリートメント効果を使用して美髪という美容師はいくらでもいますが、最高レベル、化学反応をコントロールして損傷を出していない美容師がこの世の中で最強の技術者なのです!

日本一の縮毛矯正は、確実な法則の元美髪に向かう技術です。一般的な美髪自慢の技術は、ほとんどトリートメント自慢!全く内容が違います。テカテカトリートメント系の技術は、疑似作用的技術であってその部門とはまた別です。その部門の方々は、その筋で張り合っていただければと思います。ここでいう日本一縮毛矯正技術は、正当に化学反応をコントロールし毛髪内部組織の乱れを作らない環境で美髪にすることができるというもので、まったくもって張り合うまでもない別物です。テカテカトリートメント系の技術では、基本、化学反応や技術だけでは艶髪を作ることができないのでトリートメント剤を使用します。エンパニ®の縮毛矯正は、技術でできるので使いません!この時点で歴然たる差があり、この差を埋めない限りトリートメント系縮毛矯正技術は、この技術を抜くことはありません。
縮毛矯正 - 日本一と言える縮毛矯正はトリートメント不要!確実な法則の元美髪に向かう

日本一縮毛矯正の法則

日本一縮毛矯正レベルの法則は、美容師が化学反応の法則を使い損傷を起こさず美髪に整えることができる、そして乾かすだけの環境で美髪に整うのが本当の日本一です。トリートメント効果を使うのではなく、ノートリ(トリートメント不要)で、毛髪をコントロールする事それが真実の実力です。しかし、ノーブローと言っても、トリートメントをふんだん使う技術では上手いと自慢すること自体がナンセンス!本当の毛髪の性質さえ理解していない低レベルの技術力となります。

最近縮毛矯正技術でも、酸熱と称してトリートメントを埋め込んでしまう技術が普及していますが、このような技術は確実に毛髪内部のダメージホールが出来上がる技術です。カラーなどに影響が出てしまうでしょう。毛髪に異物を入れれば、当然、その薬品は、様々な環境で変化し悪影響を及ぼします。美容師は現場での実験を行わされお客様は、モルモットとかします。今まで美容業界で出た問題がすべて実践によるでたー収集みたいなものです。日本一の縮毛矯正エンパニ®は、既に与えられたカリキュラムを卒業しなければ名乗れません。その前段階のレベルでも十分お客様には喜んでいただけ、そのレベルをシルクレッチ®賭させて頂かせております。確実、責任感、それがエンパニ®のもっとうです。見切り発信や育成で適当はありません!だから日本一なのです。

縮毛矯正の真実は、新たな答えの存在

縮毛矯正の進化には何が起きたのだろうと思いますよね!単純です。過去の失敗から逃げたから美容業界はトリートメント付けになってしまったのです。還元酸化技術と膨潤を細部にまで講釈分析することができていれば、真実の新たな答えがもっと昔に手に入ったことと思います。しかし、この事実は、材料屋にとって致命的です。だから、この真実はなかなか表には出ません。しかし、この事実を知りここからもっと良い物を研究すれば人は喜びさらなる発展となることが起きると思えばよいのに、そんなことにもチャレンジしないのです。シャンプーもコンディショナーも必要です。人口の分必要です。そこに見合ったものであればそれでよいものが数は変わらず売れるという事、本当に早くここへ行きついてほしい、事実にそぐわない間違いを貫き通すことがいかに環境悪化なのか!本当に考えていかなければなりません。不必要なものを作りそれを浄化しなければならないエネルギーは、環境にとって多くの負担となっていることです。
縮毛矯正 - 日本一と言える縮毛矯正はトリートメント不要!確実な法則の元美髪に向かう

縮毛矯正 - 日本一と言える縮毛矯正はトリートメント不要!確実な法則の元美髪に向かう

日本一縮毛矯正情報

日本一縮毛矯正

日本一美髪矯正情報
日本一縮毛矯正東京本部
住所:〒266-0011 東京都大田区久が原1-9-4

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正 パーマリンク