美髪技術とは美髪矯正の技術力である

多くの問題点を美髪矯正ですでに解決しているからできる「美髪技術」その論点は、あくまでも美容技術者の美髪矯正能力により毛髪を安定させるとこにあります。トリートメントというものは、ダメージがあるから使用する物、技術中に使うトリートメント剤は、出来てしまう空洞化現象を埋めるもの、本物の「美髪技術」は、この空洞化現象を起こさず空洞を初めから作らない技術力、その環境を整えるのがエンパニ®ローションです。最近ようやく大手もこのような事に気が付き始めたようですが、私どものようなものでも、すでに20年前から気づき美髪矯正としてエンパニ®として世の中へ発信しています。
美髪技術とは美髪矯正の技術力である
美髪技術は、黒髪、ブロンドを問わず、髪がダメージを受けると毛髪中に微小な空洞が発生し、それが光散乱源となって髪のツヤが失われることはすでに20年前に気づかれている事実です。単に空洞を埋めるのではなく、毛髪組織を構成するタンパク質線維に直接はたらいて空洞を補修する「美髪技術」を開発しているのは、きっと大手ではないでしょう。そうであれば、すでに美容業界のダメージは消えています。さてさて、大手さんは手柄がほしいのかと思いますが、完璧な美髪技術は、大手さんの成分を一切使わなくてもできる完ぺきなものです。ただエンパニ®は、誰でもが完璧な美髪技術ができるように後発性質が安定するように設定したローション剤を提供しております。美容師が欲しがるものは足りない知識と技術力、理屈ばかりの商材を売り込まれても使うためのマニュアルがなければ何も始まりません!商材だけでは、世の中のダメージは減ることがないのです。しかしこのレベルが進むとトリートメントビジネスは崩壊どうなる美容業界!美容師は技術力勝負になるので、努力したものが有利です。

美髪技術はトリートメント不要

美髪技術は、空洞化(ダメージホール)をトリートメントで埋めるものでもなく、異物で膨らますものでもありません。毛髪内部成分で結合強化することが重要であって技術力が必要なものです。塗れば直るというものではありません。ダメージホールにトリートメント成分が残留するように作ると、毛髪内部のダメージホールは、異物により空洞固定が起こります。この空洞が厄介なもので、前の施術の薬品で膨らまされた空洞にトリートメントを入れ込めば残留しいずれそのカスは外部に流れ空洞固定されます。さて、このようなことが起こるという部分が大手さんの完ぺきではない部分でしょう。美髪技術ができるというのは、トリートメント不要技術でなければならないということです。
美髪技術とは美髪矯正の技術力である

美髪技術攻略美髪矯正

美髪技術を確実にコントロールできると、毛髪へないをすべきなのか、どんなアイロン技術が適切でどのように注意した技術身につけなければならないかが明確になるのでストレート技術も進化し美髪矯正レベルができるようになります。美髪矯正や美髪カラー、美髪デジパーに至るまで、ダメージホールを作らない方法をコントロールできることにより成り立ちます。化学者ではできない部分それが、美容師ができる。レベルなのです使うものは、一部の効果でしかなく、最終的な技術力は美容師に託されます。よって、どんな天才科学者でも美容師の実力のばらつきを調節できる薬品は作れません。

美髪技術とは美髪矯正の技術力である

美髪技術とは美髪矯正の技術力である

美髪技術では色が沈む

美髪技術において、毛髪の色が沈んだり、艶が増し深みが出る現象があります。このような現象は、水分維持力や毛髪内部密度が上がったことにより、光の屈折、反射が変わるためです。カラーにおいても、ダメージがあるスカスカ(ダメージホールという空間)で光が通過する場合の色味がありますが、内部密度が上がり深みが増すことを想定したダメージレスカラー法をしっかり身に着けることが重要です。トーンが上がらないものもあるとは思いますが、この密度を考えて美髪カラーなどを行うことが重要です。

美髪技術について花王さんが言っている事

花王さんの美髪技術に関しての発表は、今後ダメージ処理が明確になることは間違いありません。このことにより、世の中のトリートメントビジネスは、衰退するでしょう。さて美容院の在り方も、トリートメントで単価アップということはなくなります。

美髪技術について花王さんが言っている事

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 美髪矯正 美髪縮毛矯正 パーマリンク