2019縮毛矯正最新情報|湿熱アイロン処理の有効性
最新縮毛矯正上手いサロン情報、好印象美髪矯正エンジェルパニック

最新縮毛矯正上手いサロン情報

2019縮毛矯正最新情報|湿熱アイロン処理の有効性を考えていきましょう。この効果では、アイロンから直接スチームを出すようなものがありますが、あまり効果のない状態が生まれているのが否めません。毛髪は、既に水分を持ちアイロンをかけるとしっかり湯気が出てきます。この状態で、湿熱アイロン状態は成り立っているということは事実です。あえて面白くする必要はありません。また、縮毛矯正時に毛髪へスチームを当てるものがあると思いますが、基本、水というものは、気体から液体になれば、すべて、液体の水になります。多くのサロンでは、この霧を髪に噴射しますが、なぜでしょうか?霧のまま毛髪に入ると思っているのでしょうか?付着すれば、液体の水です。さて、似非科学(えせかがく)という言葉があります。満々と騙されるのはもう終わるといいですね。
2019縮毛矯正最新情報|湿熱アイロン処理の有効性

湿熱アイロン状態

湿熱アイロン状態が起こるのは、毛髪内部が油など(トリートメント剤・オイル系頭髪化粧類)これらが毛髪にこびりついている状態では、高温アイロンを当てると毛髪は、ヒートアップが起こり煙が出るようになる。このような場合、油分でつやを与えるような状態の技術では、毛髪は高温により乾燥状態に入っていきます。天ぷらで想像してください、180度の油にエビを入れると泡が出ますね!あれは水蒸気です。水ですね。水がもうなくなると焦げます。さて、美容師は、毛髪に油分を残そうとしますが、この状態は、アイロンをかけて高温状態からのほとんどの水分は飛んでいく状態です。カシカシ状態、湿熱アイロン状態が起こらないということになります。唐揚げ常置です。お客様が家でアイロンをかける時もこのような状態になります。理解して道具は使いましょう。

湿熱アイロンが上手い美髪技術者

湿熱アイロンが上手く理解してアイロンをつく愛こなしているのは、エンパニ®美髪矯正技術者です。美髪という形状や性質は、アイロンが上手くて初めて作れます。いくら薬品が良くてもアイロン技術がダメであれば、最後の形ができず美しい結果にはつながりません。逆に、薬品が使いこなせない方は、いくらアイロンが上手くても結果にはつながりません。結論から言うと、適当な薬品でちょうどよく還元と膨潤ができていてアイロンが上手ければ、縮毛矯正技術は完ぺきではないでしょうか?なのに美容師は、良い薬品を探す!違う違う!美容師が探さなければならないのは、本当にまじめに毛髪を分析理解しているグループです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ