美髪矯正

髪質改善の嘘そして失敗が起こる!常識的に考えれば当たり前

私どもエンパニ®では、髪質改善メニューがお客様にとって本物であれば重要な働きがあると考えています。

しかし、髪質改善したにもかかわらず、奇麗を維持しない!

また、こんな、嘘の情報でお客様を欺く卑劣なメニューが存在していることも知っています。

失敗や嘘!

噓から始まっているから、当然、失敗に繋がります!

現在多くの芸能人が、特殊トリートメントのふくらみで、髪を束ねたり

また、サイドのふくらみを抑えるのに耳にかけたり!

あんなスタイルは流行ではなく、失敗をカモフラージュする美容師の逃げでしかありません!

今後、間違えを正していくのですが、嘘の髪質改善を伝えているのが日本のトップ企業だから何ともたちが悪い!

さてさて一度しかない人生正しく全うしていきましょう。

髪質改善の嘘そして失敗が起こる!常識的に考えれば当たり前

目次

髪質改善の嘘!自然の常識法則から考えればわかる

ここでは、「髪質改善の嘘」を暴いていきたいと思います。

まず、髪質改善を行い、結果として、髪質が改善された方はどのくらいいるのでしょうか?

多分、一度のごまかしテクニックの結果で、感動できたのは、初めの一度きりではないでしょうか?

常識的に考えた結果、当たり前のことなのですが、、、

何が常識なのか?

それは、毛髪に注入するとか、チャージする、最大の浸透ということをやっていれば髪にダメージが出るということです。

なぜかと言うと、毛髪内部に異物が入る!入れ込むということは、ダメージホールと同じ空間を作るということだからです。

このことによって、毛髪内部の強度は下がり、傷・亀裂・穴が出来ているということになるのです。

だから、特殊トリートメント使用の髪質改善は、ダメージを作って、それを一時的に隠しているというのが常識的な見解です。

ダメージホールを一時的に隠し一時的な艶手触りを起こす!しかし、ダメージホールの存在を維持させ消せていない!何なら拡大させている!

これが、「髪質改善メニューの嘘」です。

髪質改善の嘘そして失敗が起こる!常識的に考えれば当たり前

本物が存在します!

本物の髪質改善は、本当の意味を実行できる技術力です。

そんなの本当にあるのでしょうか?

在ります。

それは、毛髪のダメージの改善!髪質を改善したい方々の条件を技術によって改善させる!形状変化させ現状を好転させる技術です。

その効果は!

  • 余分な癖をなじませることが出来る!
  • 毛髪のボリュウーム(毛髪の太さ)のコントロール
  • 内部の損傷・亀裂・穴を修復により閉じる
  • 乾燥やうねりが消える現象

内部結合の修復修正でこの結果をだすことが出来なければなりません!

内部結合因子の再結合によっての回復です!

それは、健康毛のような状態に、内部の隙間を再結合によって閉じるということです。

毛髪を修理するということは、こういう事です。

何かの成分補充をしても、次回また、薬品でさらに拡大しダメージホールが成長します。

本物の髪質改善は、内部修正なのでその都度最小限のダメージで抑え、何なら、形状やコンディションは元の毛髪より良いというのがこの技術です。

髪質改善の嘘そして失敗が起こる!常識的に考えれば当たり前

髪質改善の嘘からくる失敗は特殊トリートメント使用からくる

髪質改善の嘘からくる失敗は特殊トリートメント使用するからでます!

しかし、使用しなければ髪質改善という技術に到達しないのが巷の技術力です。

エンパニ®の髪質改善は、内部結合強化の再生技術です。

しかし、特殊トリートメントを使用する技術では、再生どころか、ごみを注入し、せっかくの内部結合因子をつぶしてしまいます。

例えば、毛髪内部にダメージとしての亀裂ができます。

この壁には依然結合していた分子が存在しているのですが、これを特殊トリートメントはつぶしてしまいます。

充填された特殊トリートメントは、日ごろのケアーでアイロンによるこびりつきや、シャンプーによる成分の流出で壁に残っていきます。

亀裂の向き合った壁は、コーティングされダメージホールを維持します。

また次回の薬品処理で拡大膨張します!

これが、髪質改善の嘘からくる、悪質な失敗状態です。

これらの原因は、特殊トリートメント使用が一番の原因です。

だから、特殊トリートメント使用と言われたら、即座に髪質改善は中止してください!

髪質改善の嘘そして失敗が起こる!常識的に考えれば当たり前

使用する水素水やケイ素水・アルカリ水は全て膨潤を促す

髪質改善で使用する水素水やケイ素水・アルカリ水は全て膨潤を促していくのが理解できない!

多くの矛盾が生じるのがこの膨潤作用です。

美容師はどう理解しているのだろう?

昔ダメージは、チオが悪いと言っていた時代があります!

いやいや、エンパニ®は、2000年にはすでにアルカリの膨潤がすべての原因と把握していました。

髪質改善で理解できない!面白いのは、毛髪を膨潤させる事!

これは、良く特殊トリートメントが入るように作られた仕組みです。

必ず、膨潤pHに傾けることが設定されます。

ケイ素水!それは強アルカリに傾きます。水素水(電解水素水はpHが8~11の弱アルカリ性に属する場合が多いです。溶解による水素水はpH8未満の中性)も設定は膨潤が確定です。

え!溶解による水素水は、ほぼ中性では?って疑問が残った方は、毛髪の基準が4.5から5.5であることをしっかり理解してください!

中性の7でも毛髪は膨潤します。溶解水素水は、電解イオン水より還元酸化電位が強い水素水なので、水とは違い髪の膨潤を促します。

ダメージはこの膨潤を元に戻せるのかで決まります!

しかし、皆様が使う特殊トリートメント剤は、全て、このダメージの隙間に入り込み元に戻る邪魔をしていることに早く気が付くことです。

まとめ

髪質改善は、内部の損傷や亀裂・穴をしっかり修復する技術が正しい物!

傷・亀裂・穴が起こす乾燥やうねりを止めるだけの注入剤を入れてしまうことは、その傷や亀裂・穴を維持・固定させてしまう事!

更に、カラーや縮毛矯正は何度も行うものなので、その都度そのダメージは、拡大していく!

だから、その都度、傷や亀裂・損傷を直す技術でなければ、長期持続の美髪効果は得ることができません。

byエンパニ®

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 髪質改善 パーマリンク