美髪矯正

縮毛矯正情報ナビはお客様のために正しい縮毛矯正の情報をナビゲート!

縮毛矯正情報ナビは、お客様のために正しい縮毛矯正の情報をナビゲート!

こんにちは。縮毛矯正情報ナビは、アルゴが提供する「縮毛矯正」分析チームが集める情報を提供しています。

さて、「ダメージを出さない縮毛矯正をやりたい!でも、美容師の言い分がちぐはぐでわからない!」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

こんな方々のために、縮毛矯正情報ナビはあります。

ちなみに、皆様は、濃厚トリートメントやミネラルなど毛髪に残留する疑似成分が毛髪を綺麗にすると言われていませんか?

実際、そんなことは一時的な疑似作用でしかありません!

例えば、汚れが良く落ちるシャワーヘッドで毎日洗うとか!

また、炭酸で毎日洗うとか!

どう思いますか?トリートメント注入とは100%違う行為だと思いませんか?

縮毛矯正で注入した異物が艶を出しているなら、抜ければバサバサ!

当然ですよね!

これは、毛髪内部から異物(濃厚トリートメント)が抜けることで、毛髪内部にはその分空洞が出来るわけです!

これがダメージホールという物です。

さて、このような事実解明を行い世の中の嘘を暴いていきましょう。

目次

縮毛矯正情報ナビは正統派のダメージレス技術をナビゲートしています。

縮毛矯正情報ナビは正統派のダメージレス技術をナビゲートしています。

一般の方で毛髪の化学反応が分かる方などいませんよね!

ましてや、美容師でもわからない方が多いいのに!そんな状態で上手い縮毛矯正が見つかるはずありません!

さて、「正統派の縮毛矯正」ということですが、なにが?って思いますよね。

縮毛矯正はすべて正しいのではないの?

いやいや、正しくないから美容業界われているのです!

今後、このアルゴが「正しい縮毛矯正」を統一し、ダメージの少ない美容業界!

それは、ダメージレスが当たり前の美容業界へ導いていきます。

縮毛矯正のダメージがどうやって作られるか?縮毛矯正情報ナビが情報提供します。

縮毛矯正のダメージがどうやって作られるか?縮毛矯正情報ナビが情報提供します!

さて、毛髪がどのようにして壊れていくのか!その原因に関しては、多くの要素があり、全てを説明するには大変な作業ですが、今回は、なるべく分かりやすくご紹介していきます。

縮毛矯正情報ナビでは、正しいダメージの原因をつかんでいます。

それは、基本的に、薬品によるダメージと物理的な要因で起こるダメージの主です。

一つに、薬品によるダメージは、膨潤からくる毛髪内部のダメージホール

もう一つは、物理的に起こる、引張や引っ掛け、アイロンによる引張、ホームカラー時の引っ掛けによる引き延ばし!

縮毛矯正では、薬品による過膨潤とアイロンによる引き延ばしの影響が起きます。

縮毛矯正のダメージを理解できていない!分析できていなければ悪条件を把握することはない!

縮毛矯正で起こるダメージの原因の一つは、薬品による膨潤です!

さて、美容師がよく騙されるのは、チオグリコール酸でダメージが出ているとだまされる!

次に、アルカリが悪いから酸性で行きましょうとだまされる!

本当に大笑いです!

基本的に毛髪のpHは4.5~5.5と言われています!よって、弱酸性の6.0台のpHでも緩い膨潤が起きています。

その膨潤に合った毛髪が出来るだけであって、頑丈な毛髪に関してはできない!

今まで美容師は、メカーが提供する薬品の合わないpHでで事故を起こしていただけです!

これは、ただの無知ということです。

また、膨潤からくるダメージホールの生成!ここが本当に厄介。

しかし、縮毛矯正情報ナビが推薦するエンパニ®美髪矯正を攻略した美容師は、こんなことは基礎の基礎で知っています。

だから、縮毛矯正情報ナビ推薦の美容師は、基本がしっかりしているため、第一の難関pHで失敗することはありません!

次に縮毛矯正剤は、チオがいいのかシステアミンやGMTがいいのか!

縮毛矯正は薬品によってダメージが違うのか?

笑っちゃいますよね!

還元効果に関しては、毛髪内部に存在する硫黄結合17%にしか影響をしません!

よって、還元剤は、この17%へのアタックなので、ダメージにはほとんど影響していません!

逆に、GMTやシステアミンのように残留するもので手触り影響に頼ると毛髪内部はバランスを崩していく!

エンパニ®サロンに来られるお客様の毛髪からこれらを抜くのが本当に大変!

不結合の元が分かっているので、これらを抜くことは本当に重要!

さてこの記事を読んだ美容師さん!毛髪の乱れは、あなたが選ぶ薬品です!

当然これらを使うことができませんよね!

これらの薬品が残留すれば当然ダメージホールの生成に影響している!

さて、いかに間違った方法で縮毛矯正を行っているのかわかってきましたね!

美容師は最終的に濃厚トリートメントで誤魔化しその場をしのぐので、微妙な原因の一つ一つを解決できない!

というより気が付いていない!

この状態が毛髪内部に多くの空間が存在していて、膨らんだりうねったり!更に残留物質が悪さをしている!
最新縮毛矯正重要情報|東京美髪研究所美髪専門サロンのノートリ矯正は縮毛矯正プロが考案した基礎となる知識

ダメージホールを消し、水分維持力をつけることができる技術はこうなります。
最新縮毛矯正重要情報|東京美髪研究所美髪専門サロンのノートリ矯正は縮毛矯正プロが考案した基礎となる知識

縮毛矯正情報ナビ推薦の技術は、美髪カラーも美髪デジパーもトリートメント効果には頼らない技術力!

注入すればダメージホールができるトリートメント使用技術は、ダメージホールがあるからトリートメントが入る!という事に疑いを持たず、せっせとダメージホールの種を固定し作ってしまっています。

最新縮毛矯正重要情報|東京美髪研究所美髪専門サロンのノートリ矯正は縮毛矯正プロが考案した基礎となる知識

最新縮毛矯正重要情報|東京美髪研究所美髪専門サロンのノートリ矯正は縮毛矯正プロが考案した基礎となる知識

最新縮毛矯正重要情報|東京美髪研究所美髪専門サロンのノートリ矯正は縮毛矯正プロが考案した基礎となる知識

最新縮毛矯正重要情報|東京美髪研究所美髪専門サロンのノートリ矯正は縮毛矯正プロが考案した基礎となる知識

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい