ノーブロー(No.Blow)で常に縮毛矯正は仕上げる
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック

足立区 縮毛矯正

ノーブロー(No.Blow)で常に縮毛矯正は仕上げる

エンパニは、2001年にほとんどの法則に気付き始めそのころから、ノーブロー(No.Blow)で常に縮毛矯正を仕上げてきました。最近ノーブロー(No.Blow)で行えるようになった美容師も、この言葉を使うようになりましたが、エンパニ®に近づいてきたのかもしれません。『毛髪の法則』このことは、決して曲がるものでもなく常にこの法則は、一定であり存在しています。美容師が、薬品を使うことによりこの法則は、影響され始動します。なので、美髪に導ける美容師は、同じ法則のもと毛髪を美髪にするということは決まり切っていて、誰もエラそうにする必要さえありません。毛髪は、還元剤を使う化学反応で美髪に導くなら必ずその法則に乗らなければ美髪には向かわない!ここが当たり前ということです。

ノーブロー(No.Blow)美髪矯正

ノーブロー(No.Blow)で常に縮毛矯正は仕上げる
エンパニ®は今までノーブロー(No.Blow)で仕上げる美髪矯正というカテゴリーを作り続けてきましたが、最近、この名前をまねするものが出てきました。今後は、エンパニが推奨する美髪矯正を皆様にご紹介していきます。美髪矯正なので乾かした状態が結果です。ブローして形作られたものが美髪ではなくノーブロー(No.Blow)が結果なのです。これが、エンパニが言い続けた縮毛矯正の結果2001年から言い続けた内容です。結局美容業界は、17年遅れている!更にノーブロー(No.Blow)で仕上げるエンパニ®は、常に事実をお客様に見せるということが重要と考えています。

ノーブロー(No.Blow)縮毛矯正

ノーブロー(No.Blow)で常に縮毛矯正は仕上げる
縮毛矯正という癖を伸ばす技術では、美髪にしながらさらにクセを均一に伸ばすことが重要ですね!その際に髪が壊れるから美容師はトリートメント効果剤を必死で使います。ここは、又おかしな考えになるのでノーブロー(No.Blow)の仕上げとは言えません!エンパニは、濃厚なトリートメント効果剤を一切使用しません!法則道り毛髪内部結合の結合強化を使い最高のコンディションに仕上げるからこそ持続性ある美髪にし仕上がります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ