縮毛矯正!傷まない?
縮毛矯正情報
縮毛矯正は、エンジェルパニックの美髪効果
縮毛矯正で傷んでいないヘアースタイル

縮毛矯正で傷んでいない状態?傷まない縮毛矯正なんて無いという美容師はいます。縮毛矯正のダメージとは何だと思いますか?

縮毛矯正のダメージとは、お客様が、バサバサや枝毛などを感じることを主にダメージと表現します。ダメージが無いという状態は、お客様や第3者がバサバサや傷んでいるということを感じない状態は、ダメージがあるとはいいません!エンジェルパニックは、素の髪でお客様が満足のいく美髪を作り上げ、その髪は、デジパーもかかり、パーマもかかります。科学的にも毛髪内部環境の安定は、次の技術が出来るいじょう正常です。

縮毛矯正レベル

 縮毛矯正技術での質問

縮毛矯正のダメージについて、青山のある美容師がダメージが出ない縮毛矯正なんて無い!という記事を書いていましたが、どう思われますか?私は、エンジェルパニックの縮毛矯正をかけていて、ダメージなんて感じたことがないのですが?

縮毛矯正技術を語るには本当に奥が深い!原宿・青山あたりの美容師でダメージが無い縮毛矯正なんて無いという美容師がいましたか!エンジェルパニックの考えは、化学反応を起こす上での毛髪変化に関して、毛髪は、形状変化を起こす化学反応は生じます。その環境で一部の組織は、可逆反応でない反応は出るとは思いますが、これらの現象は、化学反応内での現象表現であって、一般の方が、日常のダメージを感じる内容でないことは、一目瞭然です。基本的の縮毛矯正技術で、独自理論を発する技術者は、今まで見た事がある内容でしか表現できません、レベルが低く、そのレベルまでの技術をコントロールできていない、知識が無く還元から毛髪をアルカリでほぐし、形状変化を起こして、形状変化を固定するための酸化させる反応を安定状態で起こせない!単純にこの還元から起こるストレート技術は、可逆反応なので、ほぼダメージなんてありません!ダメージがでると言い張る美容師は、ダメージを作る技術力なので、ダメージは必ず出ると言い張ることは、ダメージを作ってしまう技術力以上のことを知らないということです。

『縮毛矯正』傷まない!

 縮毛矯正やストレートパーマでストレートヘアを作るときのアドバイス!ダメージなどの知識・縮毛矯正の方法などかなり肝心なことなので、ここで理解してみてください。

縮毛矯正の効果・信頼

 縮毛矯正では、今までかけてきたダメージやクセが安定し、さらに長期持続!ダメージのふくらみがない状態を再現できる技術が、全てにおいてハイクラスです。皆様!サロンでトリートメントを勧められていますよね!なんかクリーム状・黄色・茶色っぽい・・いかにもダメージを直しそうなものを使われていませんか?エンパニのレベルは一切使いません!ダメージを出してないから、いりません!

 縮毛矯正で、ダメージを出していない?というと、知識ない美容師は、そんなことはうそだと騒ぎ立てます。エンジェルパニックのダメージの定義は、日常生活で支障の出る乾燥やふくらみ、毛髪内部の分解作用などから来るストレートへアートは言いがたい状態などを指します。皆様も、素髪の状態(付着物が無い状態)で、美しいストレートヘアだったらその髪をダメージがあって困るとはいいませんよね!縮毛矯正後長期間美しいストレート状態を維持する美髪ロングだったらダメージがあると思いませんよね!この状態を提供するのがエンジェルパニックの縮毛矯正です。

縮毛矯正

 縮毛矯正後、両者5ヶ月ぐらい!手前の写真が、一般縮毛矯正です。乾燥状態で硬そうです。濡れるとテロテロです。左は、エンジェルパニックの5ヵ月後です。洗ってもその手触りは、通常のカラー毛程度の強度があり、しっかりしています。何度もカラーや縮毛矯正を行った毛髪でここまでしっかり継続できています。最近、青山の美容室の技術者が、ダメージは、絶対に出ると書いていましたが、お客様が喜ぶ状態であれば、誰もダメージが出ているとは感じません!美容業界の技術の定義は、可逆反応!このレベルを美容師が繊細な判断力で薬品をコントロールすれば酷い毛髪環境にはなりません!

 縮毛矯正の効果はどの様に判定していいのか?毛髪の状態や毛髪のくせの強さで、ストパー若しくは縮毛矯正なのか!このようなことで迷っている方は、多くいるとおもいます。ご相談くだされば確実に美髪へ導くエンパニをお試しください。
縮毛矯正

 縮毛矯正を理解する。

 縮毛矯正の目的や希望は、ツヤツヤの綺麗なストレートヘアですよね・・
美しい美髪ヘアにできる答えがあればいいのでよね!この希望を叶えるためには、エンパニの美容師に相談してみてください!それに応じて、適切な技術を選択、提供アドバイスを受けたほうが一番ベストな考えです。

縮毛矯正エンパニの実力

縮毛矯正

縮毛矯正かストレートパーマを選ぶ

 縮毛矯正かストレートパーマを選ぶことは、美しいストレートヘアを手に入れるために必要な判断です。大事な判断なので、多くのことを理解し今後に備えてください。

 縮毛矯正が高いとか安いで決めたり、ストパーだったら速いとかダメージが少ないだろうと考えた場合自分の希望(時間の問題・予算の問題)で技術を選ぶことをしてしまうと、技術力のない美容師に当たりかねません!その場合、癖が残ったり、薬品で無理をしたり様々なことが起こります。ぜひ、ストレートパーマ・縮毛矯正に関しては、知識力のある美容師のアドバイスを聞きご判断してください。

縮毛矯正の悩み・その答え!

 縮毛矯正の悩みに答える!
縮毛矯正

 縮毛矯正の技術ノウハウというものは、正しくなければなりません!美容師は、正しいと思い込んでいる技術を行います!アイロンの強さに頼る酸性系縮毛矯正剤に頼っていますが・・・本当に毛髪のことを理解していれば、適切な毛髪に適切な薬品を使う能力を持つはずです。

 縮毛矯正技術の結果なんらかの不満足が出ても、営業は、失敗を隠す!悩んではいけないという思考で目の前の髪を対処してしまいます。こんなはずではない!というような思いを抱きながらも現実の状況を見て見ぬふりをしてしまいます。ここが良くないことです。

 縮毛矯正で起きたダメージやその現象が、事実なのに受けいらられない方が多くいます!『現実起こっている事が正しい!』このことを受け入れなければなりません!どう考え方を正当化しても、現実出ている結果が、そうなる事実なのです。私どもの技術結果は、ストレートパーマも縮毛矯正もシナヤカです。柔らかいです。水分維持力が働いています。そこには、美容業界がまだ知らない特別な法則が存在しています。確実に再現しているので的確な方法です。科学は解明されていれば、その再現力は100%です。


もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

縮毛矯正は常識が正しく起こる

 縮毛矯正は、真実で使いこなすと確実性がまします。科学的な法則、自然の中でこうすればこうなる!常にこうなる事実は、紛れもない真実です。私どもの技術は、美容業界の間違ったノウハウではない、確実なノウハウです。間違った考え方を刷り込まれているから美容師は、悩みます。理由が分かっているからそうなるということを知っていれば、悩むことではなく理解が深まります。

縮毛矯正の商品価値

縮毛矯正やストレートパーマは、高品質な商品価値を期待されます。ツヤ・手触り・水分維持力がしっかりしなければなりません!水分維持力に関しては、毛髪強度があってこそ成り立ちます。ダメージが起これば当然その毛髪の水分維持力は下がるということです。

 縮毛矯正のツヤの元は水分維持力なので、ダメージを負ってつやが出ずらい毛髪に油系のツヤ剤や樹脂系のツヤ剤が使われますが、それらの成分がダメだとか評論がありますが、ベースの毛髪の中身が縮毛矯正やストレートパーマで壊されているのではがれたり、過剰塗布があれば、2次的な現象が出ます。健康毛でもそれらが過剰な状態で使われれば、付着物として毛髪は、自然な機能までも奪われます。この様なことが、悪条件としてあげられます。

 縮毛矯正やストレートパーマで、水分維持力を毛髪にも足せたまま技術を行うことは、非常に難しい技術です。できないので付着物に頼ります。美容院選びは、なるべく毛髪内部に物質を入れることを言わない美容院を選びましょう!

縮毛矯正 ダメージ

 ダメージという嫌な感じではありません!長期持続します。カラーも綺麗です。このようなことが起こるように技術をコントロールしています知っているから確実にできています。それが事実です。そして正しいことです。他の技術では、酸性系なのか、アルカリ系なのか、またトリートメント効果剤重視なのか、ミネラル系なのか、出てくる特徴があり、でも、全てに欠点があり、全てに良質な特徴もあります。単純に言えることは、全てを知り、どんな方法でも、良い部分を組み合わせる技術者がいれば、メリットのみの技術ができます。このようなことが非常に重要なので覚えておいてください。

なぜ?縮毛矯正は硬くなる?

縮毛矯正の乾燥によるダメージ対策!答え

 縮毛矯正のダメージは、特に、ビビリとか、乾燥、カシカシ、ブローが効かない、バサバサなどこのような言葉でしか伝えきれません!技術において、ストレートヘアを作ることが本来の結果であり、多くの方に提供するメニュー効果は、ストレートになっていれば本来それでよいと思います。

 縮毛矯正後、その髪が本当にダメージが起きていて、乾燥が起こっていても髪が前よりもストレートであればそれでよかったのです。現代求められる技術結果は、艶がなくてはなりません!しかし、ダメージを起こしてしまう縮毛矯正理論では、毛髪内部にツヤツヤ剤を入れダメージ隠します。ここが本当に後々悪さをしてしまします。本当に美髪を求めるならば、エンパニ技術者に一度任せてみてください!確実に皆様の魅力を上げる仕事ができると思います。

縮毛矯正のダメージ補修

縮毛矯正で、ストレートヘアダメージ 補修

この縮毛矯正の結果は、東金店店長の仕事です。彼はなかなかの実力者です。
縮毛矯正4

縮毛矯正・ストパーの理解

縮毛矯正?ストレートヘア?ストレートパーマ?多くの方がこのような言葉の中で、多くの勘違いをしています。
皆様は、結果をどうお考えでしょうか?縮毛を伸ばす一番難易度の高い技術です。決して、ゆるい癖や簡単な毛髪をまっすぐにするというレベルではございません、その部分の担当ネーミングは、ストレートパーマです。多くの美容師が、簡単な毛髪のみを、伸ばすという状態を例に、酸性縮毛矯正や脱アイロンを掲げ様々な否定的な発言を重ねております。

技術で使用する道具や薬品のせいではなく、それらをうまくコントロールできていれば、縮毛矯正やストレートパーマの結果は、かなり上がるのです。しかし、最大限にツヤを上げられるアイロン技術やアルカリ効果を使うことで得られるシナヤカな毛髪変化を得るには、最高の技術力を得る必要があり、そのコントロールができないと、むやみに、アルカリを否定したり、アイロンを否定したりしてしまう!そんな状況です。

『縮毛矯正』というネーミングがストレートヘア技術の中で毛髪を美髪に変え、安定定着させる魅力ある技術に進化している!そのため、その技術方法を利用して、くせがない方でも、また、ダメージ改善の効果内容があるため美髪提供の手段としての宣伝が出てきております。

高品質な縮毛矯正

 縮毛矯正『エンパニ』という技術は、なに!ということなのですが・・・
エンパニは、結合強化技術です!美容業界では、酸性縮毛矯正が出てきていますが、これは、単純にアルカリを使いこなせない技術者が頼るものです。毛髪をほぐす作用がなく、かなり判断力を要するため、延びない領域があるという代償を受け入れあえて簡単な技術として打ち出している内容です。技術力のない若い技術者などが失敗しないため、広く普及しています。

縮毛矯正を続けると、その代償は、内部蓄積物質が、その後、髪を硬くさせ乾燥やふくらみが収まらない状態が出てくるという状況があります。最高のストレートヘアを作るには、アルカリも使いこなし、酸性領域の薬剤も使いこなす!アイロンも使いこなし、用途に合わせて、ブローによる酸化結合を使うのか、2液による結合を使うのか、すべて、1剤の薬品的化学反応の設定状態からその毛髪に掛け合わせ導いた還元状態が適切でなければ、すべての毛髪内部結合の安定は望めません!いくら酸性系でごまかし技術ができていても結局ノウハウ的に甘い判断であれば、行く末毛髪に暴れが生じることは間違えありません。

縮毛矯正!ならないものはなりません!

 縮毛矯正後、お客様が次回お越しの時、それがよく分かるでしょう。その姿は、以前、あなた(美容師)が技術で、起こしてしまったダメージの証拠!だから、良くなっていません!擬似的物質で、ごまかしているだけです。悩むことではありません!そうなることをしている事実です。何が悪いのでなく、そうなることをしていて、やめない限り続きます。信じている行動が、そういう技術なのです。たまたまなった時、その条件にしがみついても、髪の条件が違っていて、決してその方法が完全だということではありません!

 縮毛矯正では、美容業界のどんなの方法にしてもこの方法の、この結果には、絶対にたどり着けません、自信満々ですが・・・化学反応で正しい反応はひとつです。ここで使う薬品を使いその効果を見込んで、行われているので、この理論を学ばない限りこの結果には導かれません!

縮毛矯正が?なぜ!

縮毛矯正理論で完全に間違っているところが、美容業界の常識だからです。技術で!間違っているところが・・・

美容業界の常識???

今も続いています、そのことは、完全な縮毛矯正の習慣性となり間違えていることに、気づく余地も感じません。

縮毛矯正の習慣!だからミスに気づかない

縮毛矯正!美容師が変わらなければ、一般のかたの髪は綺麗になりません。

ストレートパーマ・縮毛矯正の注意点

(縮毛矯正の注意点!)トリートメントをしますかといわれたら・・・ダメージに関しては、保護成分を使われたらダメージを隠す行為と覚えておいてください。確かに完璧を求めるより少しのミスを隠してくれる薬品のほうが楽でしょうが、その代償は、必ず、後々の乾燥バサバサにつながります。
お客様も、ここをしっかり押さえておいてください、すでに、トリートメント効果をほとんど使わないで、髪をコントロールしている美容師がいます。そのような技術でお楽しみください。

(ストレートパーマの注意点!)美容師は、細い毛や癖の度合い、アルカリの使用法などを確実に判断することが重要です。お客様は、簡単なストレートパーマでの効果を過信せずに、縮毛矯正や難しい技術に移行する場合はよくお考えください。
ダメージの鉄則!ミネラルが効く、表面コートが重要、このPPTがいい、濃密剤で固める、など、ダメージがあって必要なものです。これらを使用するということは、ダメージを隠すということです。ツヤツヤのンダメージということは絶対にないことを覚えておいてください。ストレートパーマという技術は、縮毛矯正より弱い程度の薬品で、癖をのばし、ストレートヘアを維持するということですが・・基本縮毛とは・・ここが重要かと思います。薬品のパワーを使って、普通の髪を矯正することはどうなるのでしょうか?私どもの技術では、最高のツヤを発揮することが可能です。

本当に技術で重要なことは、アイロンから逃げないで必ず習得すること!酸性系薬剤も深く理解すること!ブローなどでの酸化作用もそれに執着するのではなく、それしかできないことになっている自分の技術中に入り込んでいる悪い原因をはじめに対処すること!多くの方が、自身の限界を感じ、アイロンが悪いとかアルカリが悪いとか・・・そうではなくすべての化学反応的環境は、全ての技術作用で有効な条件を見切れば、どんな道具も悪くはありません!使い方を間違えるから悪くなる!ここが重要で、すべて美容師は、薬品の進化に頼るのではなく使いこなす実力をつけるべきということです。

エンパニ美髪縮毛矯正導入店

縮毛矯正優良サロン

大田区蒲田オススメ店

東京・関東圏・蒲田・大森・川崎の方は、「スパーキー」をご利用下さい。

「スパーキー」

TEL:03-3736-2766
住所:東京都大田区蒲田5-9-10大槻ビル5F

縮毛矯正優良サロン

千葉市川市オススメ店

千葉市千葉市でお探しなら市川のNaty(ナティー)へ


美容室 Naty(ナティー)HP

TEL:HPに記載、相談・ご質問は、専用メーラー設置
住所:千葉県市川市南八幡5-7-12

エンパニ導入店

縮毛矯正優良サロン

東金市オススメ店

千葉千葉市カラならちょっと海の方へ!東金のリ・アンジュへ

美容室リ・アンジュ HP

TEL:0475-55-4107
住所:千葉県東金市川場1065-2

縮毛矯正優良サロン

千葉茂原市オススメ店

千葉市でオススメは、ちょっと足を伸ばしてみて下さい。


茂原市東部台コレクション

TEL:0475-23-9355
住所:千葉県茂原市東部台2丁目19-5

縮毛矯正関連HP

エンパニビフォーアフター HP

このページの先頭へ