日本一縮毛矯正は結合強化で起こる美髪矯正力が重要

日本一縮毛矯正は結合強化で起こる美髪矯正力が重要です。この美髪矯正力を起こすには、適切なアイロン技術や適切な薬品適合知識が必要です。そのようなことを理解するにはまず、毛髪の性質とアイロンの関係・毛髪と薬品の関係を理解すること、片方だけの理解だと原因がつかめない状態に陥りいい薬品を探そうという考えになり、始末の悪いトリートメント効果に執着するようになります。日本一の縮毛矯正は、化学反応をコントロールできる縮毛矯正結果を出せるレベルであることが重要です。トリートメント効果を使って上手いと自慢するレベルは、実力ではないことが事実です。
日本一縮毛矯正は結合強化で起こる美髪矯正力が重要

日本一縮毛矯正

日本一縮毛矯正に実力は、ノートリ矯正である脱トリートメント技術で美髪を作る実力となります。トリートメントでどうにかしようという姑息な技術ではないレベルが重要です。いくら自慢げに乾かしただけの仕上がりといってもトリートメントで誤魔化したらそれは化学反応を熟知した日本一の縮毛矯正ではありません。毛髪は、単純な薬品で美髪になる現実があります。その現実は、化学反応をコントロールしてできる領域でトリートメントなどは必要ないのです。
日本一縮毛矯正は結合強化で起こる美髪矯正力が重要

日本一縮毛矯正の美髪矯正

日本一という事を面白くないことだた感じている美容師さんもいます。でも、縮毛矯正技術においてトリートメント使わないノートリ矯正でさらに、どんな現象で何が起こっているのか全て説明できる方がいれば、その方が行う縮毛矯正が、日本一の縮毛矯正かとおもいます。美髪矯正エンパニ®は、出来るので、誰もこの領域以上の反論ができるものはいないでしょう。弊社は異物成分のプロではありません、必要ないからいらないという考えです。最近出ている酸熱などのトリートメント効果に関して、異物を入れての熱処理はいかがなものかと思います。絶対に、カラーが抜けやすいとか赤みが出るとかのトラブルも多いはずです。なんとも滑稽な業界です。
日本一縮毛矯正は結合強化で起こる美髪矯正力が重要

縮毛矯正剤とカラー毛

縮毛矯正剤とカラー毛に関して、日本一レベルか考えると、この関係は、非常に危険な反応が起きています。カラーを行った毛髪に(普通の健康毛ではない環境が発生していることに気づかなければならない)通り一遍等の薬品を塗ってしまうと髪はひどいことになります。今まで、縮毛矯正でそんなことが起きてきたのではないでしょうか?健康毛からハイダメージ毛までカラーの行い方や種類で毛髪環境は著しく違います。特に知識無く塗ってしまうホームカラーに関しては本当にひどいことが起こります。美容師はダメージ状態を読み、さらに毛髪の柔らかさ強度が読めるレベルの技術者であれば皆様の髪は守られます。
日本一縮毛矯正は結合強化で起こる美髪矯正力が重要

日本一縮毛矯正は結合強化で起こる美髪矯正力が重要
ホームカラーは、皆様にとって色を染める簡単な手段かもしれませんが、もうそこで、美髪を求めることは難しいのです。高度な技術者は髪を美髪に向かわせる技術を行いますが、直してまたダメージ(ホームカラー)直してダメージと続くと髪はいずれ持たなくなるのは当然です。このようなことを理解して、ホームカラーや市販の縮毛矯正剤は、お使いになることを勧めます。決して安易な考えのもとダメージ状態も考えないで使用することは控えてください。特に、既に縮毛矯正をかけている方は、危険です。またブリーチをしている方が使っても危険です。市販されているものはあくまでも健康毛を基本としているからです。

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正 パーマリンク