美髪矯正長野美髪研究所監修トリートメント不要技術

美髪矯正長野情報 美髪研究所監修濃厚トリートメント不要技術美髪矯正というのは、毛髪に余分な成分を入れ込みダメージホールの元となる栄養分と言われるものを入れてはいけないという考えのもと行います。また、アルカリ電解水を使うという事は、毛髪のイオン結合を緩ませるということにつながり毛髪は、アルカリに偏り膨潤するという事、膨潤の隙間に脂質系のアミノ酸を入れ込んだり、毛髪の栄養を入れ込む必要は無く、毛髪は異物が入ることにより、電位に不安定が起こる、このことは、毛髪自体が安定したアミノ酸環境のつり合いで、pH4.5からpH5.5を示すことが重要であり、余計なアミノ酸は、毛髪にとってバランスを崩す元となります。またこのようなものは、つぶしてはいけない空洞(ボイド)に入り込み毛髪の自由水の移動を阻害します。美髪矯正は、還元作用を行う事やイオン結合を安定させることを化学変化の技術でしっかりコントロールし、可逆反応という美容業界では美容学校で習う当たり前の反応で事を済ませるのが重要と考える技術です。これが美髪研究所が考える正当な化学反応での美髪環境技術です。

美髪矯正長野美髪研究所監修トリートメント不要技術

美髪矯正長野美髪研究所監修トリートメント不要技術

美髪矯正は美髪整形技術

美髪矯正は、毛髪を美髪形状に導く形状整形技術であり、トリートメント効果を毛髪へ注入するような技術ではないと美髪研究所では無いと考えます。毛髪は異物が入ることに対してデリケートに反応します。異物は毛髪のpHを崩したり、過剰なアルカリ電解水などで毛髪を溶解してしまうのは、毛髪強度を一時的に下げ膨潤環境を大きくし、より多くの異物を吸い込ませてしまう事になります。人工的に作られた隙間はダメージホールとなり、常にカラーを行った時やアルカリ電解水で何度も膨潤を繰り返したときに抜け出しバサバサになります。この状態を繰り返すと毛髪は、濃厚なトリートメントなどが必要になったり、行く末は、アルカリ電解水のせいで枝毛が起きてきます。アルカリによるイオン結合の不安定は確実に毛髪内部のバランスを崩壊させていきます。何しろダメージホールを作る技術はもうやめたほうが良い!
美髪矯正長野美髪研究所監修トリートメント不要技術

美髪矯正長野美髪研究所監修トリートメント不要技術

美髪矯正はダメージホールを修復

艶羽(エンパニ®)の美髪矯正は、トリートメントなどの遺物注入ではなく、毛髪環境の改善を行うための環境安定剤を使用します。技術中に扱う薬品やアイロン時に起こる様々な現象をよい方向へ向かわせる内容の環境を作っています。なので、注入型の技術とは全く違います。毛髪は素の素材で美髪になることが約束されている物であって異物効果をせっせと入れ込んでもよいことが起こるわけがありません。この先、時代の中で、トリートメント系のメーカーさんが異物がどれだけ美容業界のダメージを作りこんできたかに築くと思います。その時大恥をかきます。なぜなら事実なので仕方ありません。そんなことが理解される時期が来たのです。

長野美髪矯正情報

長野美髪研究所監修技術
美髪矯正攻略店
長野県上諏訪駅情報
住所:〒392-0004 長野県諏訪市諏訪1丁目1

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 美髪矯正 美髪縮毛矯正 パーマリンク