縮毛矯正後シャンプーはいつ?
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック 練馬 縮毛矯正リンクスフォーヘアー

縮毛矯正後のシャンプーはいつ?

縮毛矯正後のシャンプー

縮毛矯正後は、シャンプーは、どうする?

 縮毛矯正後シャンプーはいつ?という質問が多くあります。酸性系でも一般縮毛矯正でも、シャンプーは、2・3日空けてくださいというサロンが多くありますが、この様なことを提案してくる美容室は、本当の縮毛矯正を知らない美容院です。

 縮毛矯正後の毛髪は安定状態でなければなりません!逆に高温のアイロンを使用する美容院では、100%シャンプーは、その日、その後行えなければなりません!なぜなら、縮毛矯正でアイロンをかけるということは、完全熱酸化が起こっていなければならないからです。このことは、毛髪内部は酸化し、既に化学反応は安定している状態です。よってシャンプーしようが濡らそうが関係ないのです。エンジェルパニックは、そのような技術となっています。

 縮毛矯正後シャンプーが出来ない技術は、滑らせながらアイロンを行う技術です。この滑らせながらというのは、止まらない状態のアイロン工程です。ゆっくり熱を当てながら中央または、毛先までアイロンをずらす技術ですが、この技術は、熱酸化が不十分なので2日ぐらいはシャンプーはしないほうがよいでしょう!例えば美容師の逃げ道で、ダメージがでた場合、シャンプーが早すぎたとかそんな状態はありえません!ダメージは、ほとんど縮毛矯正を行った当日に出来ています。

縮毛矯正

 縮毛矯正後ドライヤーで乾かすだけで仕上がる事が重要です。後でダメージが出たというクレームが無いように、そのときただ乾かすだけで毛髪の本当の姿を確認していただきます。ここが重要で、毛髪はストレート状態に酸化固定されている状態が本当のストレート効果レベルなのです。美しく乾いていること、すぐにシャンプーが出来ること!これが最高なのです。

縮毛矯正後のシャンプー

 縮毛矯正後シャンプーできるということは、ダメージにつながる不安定が無いという技術です。また、シャンプーしてよいという美容師は、技術結果に自信がある技術者です。酸性系で満足していない技術者本格的に本当の効果が得られる技術者です。

縮毛矯正

 縮毛矯正の実力は、すべて、毛髪を見切れるかということになります。毛髪を見切るというのは、お客様の毛髪に関して、一度見た状態でほぼ技術結果が見えている技術者のことです。初め見えている結果をお客様に提示しその状態に導くことが出来る技術者のことです。最悪のダメージでも、縮毛矯正というストレート効果がどこまで効くのかがわかる美容師のことです。本当にダメな毛髪をダメな状態ですといえる美容師のことです。

 縮毛矯正後全て美容師が言うことがおきていれば、皆様信じますよね!なるしかない状態、また、エンジェルパニックの技術者は、現状維持かそれより良い状態に導くことが約束されているということは保障します。しかし、油分やコーティング剤で固められている技術に関しては、何が起こるかわからないので、前回までの経歴をしっかり美容師に伝えることを行ってください。

縮毛矯正

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ