縮毛矯正を行う頻度は、どんな状態が適切?
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック 練馬 縮毛矯正リンクスフォーヘアー

縮毛矯正の頻度

縮毛矯正を行う頻度

縮毛矯正のダメージからわかる頻度

 縮毛矯正をかける頻度なのですが、どの様な時期にかければよいのかわからない方が多くいます。まず、今かけている技術を把握してください。縮毛矯正後毛髪がカサカサになっていませんか?特に時間がたつと!こんな縮毛矯正は、ダメージありきの技術なので、クセが気になるというより、ダメージが気になるという時期にかける方が多くいます。その頻度は、2~3ヶ月です。

 酸性系縮毛矯正では、伸びない戻りが早いという状態が進みます。またこれはアイロンの力次第なのですが、突っ張った感じで伸びている場合(アイロン強)、ナチュラルなかけ具合として教えられている場合(アイロン弱い)、アイロンで引きすぎて、薬品のビビリより酷い毛髪繊維の断絶が起きている場合(アイロン限界突破、最悪)こんな状態になります。酸性系縮毛矯正の利点は、クセが弱い毛髪かダメージで塩結合を緩めなくて良い毛髪のみ有効です。縮毛矯正という資格の無い技術なので、縮毛の方は、かけないようにするべきです。

縮毛矯正

 縮毛矯正の頻度が少なくてすむのは、明らかに右側のエンジェルパニックの6ヵ月後です。縮毛矯正の頻度は、美しくダメージの無い縮毛矯正をかけていれば、髪の重みで、根元のクセも落ち着きさらに、ロング状態で美しいことから、縛っていれば気にならない!だから回数が減ります。

縮毛矯正の頻度でお得な技術

 縮毛矯正の頻度、回数がお得な技術は、縮毛矯正のダメージが無い技術!クセが伸びたから頻度を気にするお客様はいません!

縮毛矯正

 縮毛矯正でかけたくなる時期はいつごろ!ダメージが酷くなってきてから!よく、こんなことを良く聞きます。ダメージが気になりだすというのは、元々の技術でダメージが入っているということになります。ただトリートメント効果で、隠されているだけです。多くの皆様がこの技術でだまされてきたのです。そのときの技術レベルなので仕方ないのですが、ダメな美容師が、ダメージ無しと表現したりすることが、本当に許されません!ダメージは起こっていて、ただごまかしただけなのです。

 頻度に関しては、全て、ダメージがあるか無いかで判断されていきます。ダメージが大きければ頻度も上がります。しかし、かける回数あ上がるということは、ダメージも増えるということを覚悟しなければなりません!しかし、エンジェルパニックの技術は、結合強化技術なので一旦ダメージは、回復します。ある程度の毛髪強度があれば、元の状態の毛髪より、水分維持力を持たせることが出来ます。よってかなり回復します。ある限界値を超えた毛髪は、ダメージ回復は起こりますが、100%の美髪という部分は求められません!

縮毛矯正

 縮毛矯正をかけた部分は、何ヶ月も綺麗!これが最高なのです。その上で頻度を語るなら、エンジェルパニックの場合、根元のクセが生え始めた時期にかけるということでよいでしょう!ここをしっかり認識してください。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ