ロレアル様で市販縮毛矯正剤での集団訴訟
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック

足立区 縮毛矯正

ロレアルで市販縮毛矯正剤で10万人からの集団訴訟が起きているらしい、現段階では、双方に言い分があり何もコメントできるものではないが、現段階で、ホームケアー剤として認可されている多くのものが日本でも販売されています。これは、専門的な知識あって使用しなければならないにもかかわらず、一般の方が自分の自己責任で薬品を使える環境はいかがなものかということになります。

市販縮毛矯正剤

市販縮毛矯正剤は、日本でも販売されています。さすがにアメリカとは違い日本のものは、そのパワーは低いものです。危険がないようにと配慮されておりますが、しかし。自分で薬品を毛髪に塗り、アイロンをかけたり、ブローで引っ張ったりすることは危険です。縮毛矯正をかけている環境で毛髪の損傷度もわからない状態で自分で判断して薬品を塗ってしまえばそれは、自己責任となってしまいます。今までストレート技術を行ってきている方は、必ずプロの意見を聞いて本当に判断してください。

縮毛矯正剤とカラー毛

 縮毛矯正剤とカラー毛に関して、この関係は、非常に危険な反応が起きています。カラーを行った毛髪に(普通の健康毛ではない環境が発生していることに気づかなければならない)通り一遍等の薬品を塗ってしまうと髪はひどいことになります。健康毛からハイダメージ毛までカラーの行い方や種類で毛髪環境は著しく違います。特に知識無く塗ってしまうホームカラーに関しては本当にひどいことが起こります。美容師はダメージ状態を読めさらに毛髪の柔らかさ強度が読めるレベルの技術者であれば皆様の髪は守られます。

 ホームカラーは、皆様にとって色を染める簡単な手段かもしれませんが、もうそこで、美髪を求めることは難しいのです。高度な技術者は髪を美髪に向かわせる技術を行いますが、直してまたダメージ(ホームカラー)直してダメージと続くと髪はいずれ持たなくなるのは当然です。このようなことを理解して、ホームカラーや市販の縮毛矯正剤は、お使いになることを勧めます。決して安易な考えのもとダメージ状態も考えないで使用することは控えてください。特に、既に縮毛矯正をかけている方は、危険です。またブリーチをしている方が使っても危険です。市販されているものはあくまでも健康毛を基本としているからです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ