縮毛矯正後の変化
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック 練馬 縮毛矯正リンクスフォーヘアー

縮毛矯正後の変化

縮毛矯正後ダメージ変化

縮毛矯正後の安定力

 縮毛矯正後毛髪は安定状態を維持しなければなりません!この安定状態とは、ダメージが出ないこと!しかし、実はダメージというものは、縮毛矯正を行った時点で出来ているということを知っておいて下さい。

 縮毛矯正を行った後、トリートメントが必要な場合は要注意です。また、美容師にミネラルがいいとか、この濃密成分がいいとか、ミルクトリートメントがいいとか全てダメージを隠すものであって、ダメージを修復するのもではないことを知っておいて下さい。期間が経った後に出てくるダメージは、実はその時点で出来ているという認識をしておいたほうがよいということです。

123

 縮毛矯正後、数ヶ月が経っている状態です。こんなにバサバサになる状態は、既に壊されていた状態、毛髪は、ダメージを追います。特に癖の強い毛髪は、薬品を強くしなければならないためダメージが出ますが、エンジェルパニックは、癖の強い毛髪でも最高の軟化技術があるため毛髪を安定状態でほぐすことが可能です。よって、ダメージを出さない最高の縮毛矯正が出来るのです。後後、ダメージで苦しむことの無い技術を提供するのが、エンジェルパニックの技術力です。

縮毛矯正後の状態

 縮毛矯正後、安定状態がその後の毛髪状態を継続させる力となります。安定とは、ダメージがほぼ無いこと!このダメージがほぼないことというのは、毛髪内部の結合が本当に状態がよいこと、トリートメント剤などの異物が毛髪内部に挟まっていないことが、美髪を継続する最高の常態となります。

縮毛矯正

 縮毛矯正後におこる全ての現象は、かけた当日、技術のときに既に起こっています。縮毛矯正は後後何かが促進するのではありません!そのときその現象が起こっているのです。しかし、縮毛矯正後カラーを行ったり、縮毛矯正後酷く引っ張ったりすることは禁物です。物理的損傷やカラー剤の薬品影響が毛髪に現れ最悪な状態に導かれているものに関しては、自分で気をつけるしかありません!

 エンパニの縮毛矯正では、カラーダメージは、縮毛矯正をかけることでリセットされていきますが、ホームカラーなどを行うと、1回目カラーダメージが起こる→エンパニで結合修正綺麗になる、2回目カラーダメージ起こる→エンパニで結合強化で修復、前回より回復力はダウン、しかし、綺麗を維持できる!3回目カラーダメージ→回復力はさらにダウン、しかし、一般縮毛矯正を行っている毛髪よりかなり良い状態ですが、エンパニカラーを行っている状態であれば、縮毛矯正後の回復力は、かなり最高な状態で毛髪を維持して行きます。

縮毛矯正

 縮毛矯正後何ヶ月も経っているエンジェルパニックの縮毛矯正状態です。根元の癖が出ている状態がわかると思います。毛さ既中間部が美髪ロングの状態で最高潮です。

縮毛矯正後のケアー

 縮毛矯正後のケアーは、エンジェルパニックの毛髪であれば、ほとんど健康毛かカラー毛程度のケアーでよい状態です。オイル系のシャンプーや濃厚なトリートメント剤はいりません!使うとベトベトになる状態を感じます。ダメージによいものは、エンパニ縮毛矯正後は必要ありません!

 縮毛矯正後エンジェルパニックは、毛髪内部安定が起きているのでほとんど変化しません!ここが重要です。毛髪内部が安定しダメージが無ければ、美髪状態は、維持されて、美髪を継続します。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ