縮毛矯正理論

縮毛矯正理論は、現在まで誰も的確な文章を公開していません、それは、あまりにも多種多様な毛髪が多く全ての状態判断を的確に指摘することが難しいためです。ここでは、そんな難しい毛髪コントロールを行い、多種多様な毛髪を美髪に導く技術をご紹介していきます。

縮毛矯正は、縮毛といわれる強い毛髪の癖をのばす技術で、強い薬品を使うことからその扱いは難しく多種多様な毛髪に薬品を合わせる知識や道具をコントロールする技術を的確に行えるよう操作しなければ、多種多様な毛髪に対応した縮毛矯正技術での結果は望めません!

縮毛矯正とは!

縮毛矯正とは、多くのくせ毛の方が美しい美髪ロングをめざしかける技術、しかし、癖がなくても美髪ロングに憧れる方は多く、乾燥から起こる癖や微妙な癖を縮毛矯正でストレートにすることにあこがれる方は、希望します。
縮毛矯正をかける場合そのリスクはつきものです。しかし、技術の発展とともに確実なストレート効果を得られる技術に進化しています。癖が少ないけど美髪になりたい!こんなことをかなえるには、ダメージというリスクを背負うことになります。しかしそんなリスクを背負うことのない技術が最近はできていますのでしっかり吟味してください。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

縮毛矯正とダメージ

縮毛矯正と切っても切れない存在が、ダメージです。当然どんな技術でもダメージがないということはありません!薬品を使い毛髪に刺激を与え形状を変化させたり、カラー色を入れこんだり全てで毛髪に対してストレスは起こります。酸性だからダメージがないとか、ヘナだからダメージがないとか、全て毛髪内部に異物が入るので毛髪の内部環境は、バランスを崩すのは当然です。では!ダメージ=日常生活において、違和感を覚えない状態としたらどうでしょうか?であれば、ダメージが出ませんとか、いろいろ伝えることができるのではないでしょうか?また、乾燥や分解状態に追い込まれた毛髪は確実なダメージとしてとらえるべき現象です。このような状態を作ってしまう技術は、ダメージ無しと言ってはいけないレベルです。
縮毛矯正技術において、現代では、乾燥やトラブルにならないストレート技術も存在しているのでそのレベルをお楽しみください。

縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正という技術は、基本縮毛を強い薬剤で伸ばす技術です。
ストレートパーマという技術は、癖が残っても来店時よりストレート効果が出ていれば許される技術です。しかし、現代のストレートパーマは、癖が弱いのならば確実に伸ばさなければその品質が問われるレベルであることは事実です。このような内容を今後理解したうえで、技術をお選びください。

このページの先頭へ