縮毛矯正の疑問とその答え
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック

足立区 縮毛矯正

【縮毛矯正の疑問】
縮毛矯正を行うとき、多くの質問をされます。カラーはしていますか?何時しましたか?縮毛矯正はしましたか?何時しましたか?メニキュアしましたか?ブリーチはしていますか?黒染めはしていますか?デジパーはしていますか?パーマはかけていますか?髪を濡らしたとき柔らかくなりすぎていませんか?など!このような質問は、必要なのでしょうか?
【答え】
縮毛矯正をかけることに関して、かなり重要な情報となります。毛髪がどのように化学反応を起こすか!ここが重要となります。そして、お客様が行ってきたすべての施術内容が絡み、縮毛矯正剤と特殊な現象が起こります。その見極めを技術者はしなければなりません!一つでも提示していなければ、毛髪は、ジリジリになる可能性を秘めています。特に、ホームカラーをしている方は要注意です。これは、カラーの放置時間をかなり多く使ってカラーを行ってしまうということや、くしで髪を引き延ばしてしまいかなりのダメージを作ってしまいます。さらに、カラー後髪をよく洗い流さなければ、アルカリ成分がひどく残り髪はバサバサになります。十分このようなことをご理解ください。

縮毛矯正のもち(持続性)

【縮毛矯正の疑問】
縮毛矯正はあまり持たないのですが、半永久的に髪をストレート形状に矯正するのが縮毛矯正ではないのでしょうか?どうして持ちが悪いのか教えてください。
【答え】
縮毛矯正という技術は、縮毛を半永久的にストレートヘアに固定する能力があります。しかし、この状態を維持するには、確実な縮毛矯正理論にて施術された毛髪のみが言えることです。縮毛矯正技術で、初めてかけた状態で綺麗なのは当たり前です。多くの方が縮毛矯正を初めてかけたときの感動は忘れられないと思います。しかし、この初めてかけた状態でも中身が破損しているものと、そうではないものとがあり、初め綺麗でも中身が破損している縮毛矯正は、リタッチといって根元のみの施術しかできません!本当に綺麗なストレートヘアを実現できる技術は、初めての時からダメージを出していない技術です。特に、『エンパニ』はその代表的な技術です。

縮毛矯正のツヤ

【縮毛矯正の疑問】
縮毛矯正は、よくツヤツヤというけど時間がたつとバサバサになります。なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
【答え】
ツヤというものは、塗り物で作り上げるものではありません!毛髪は、健康な状態を保っていれば必ず、美しく艶を発します。そして人工的な物質による通夜は、時間がたてばはがれ、バサバサになります。塗り物を進める技術は、全て技術時に出てしまうダメージ!毛髪の分解を隠すためのものです。理想の艶は、髪が壊されていないこと!これが条件です。時間がたってバサバサしてくる艶や縮毛矯正の状態は、品質的に良くないものなので避けてください。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ