ストパーのメリット・デメリット!?

ストパー メリット デメリット
ストパーという技術は、人工的ウェーブを取る!ということを目的とした技術でした。
昔は、人工的なウェーブに対してストパーをかけた場合ダメージが出て、髪がバサバサになるこんなことなんて当時の女子には当たり前のことで、傷んでバサバサ状態のストレートヘアは、綺麗な状態でもなくパーマでバサバサ状態の髪型と紙一重な部分がありましたが、以外にも受け入れられていたそんな時代がありました。

 ストパーでもアイロンを使うストレート技術も確実な効果を発揮します。

縮毛矯正とストパー

 ストパーは、最高な技術に進化していて、その技術力は、縮毛矯正を極めた技術者ならば、もっと最高を提供してくれます。縮毛矯正を極めるということは、ほぼ、通常の技術で、ダメージを出すことの無い技術力を持っている美容師と言えます。

 ストパーを求める方が多くなりつつあります。それは、縮毛矯正では高いとかもっとナチュラルなものが良いとか、そんな要望がかなうのがエンパニのストパーです。本当の技術力の高いストパーをお楽しみください

ストパーのメリット

 ストパーのメリットは、現代では、あまり期待されていないようですが、以外にもその制度は、昔の技術よりもはるかに進化しているのが現実です。私どものエンジェルパニック技術では、毛髪の様々な特徴を解析しその内容をまとめ、ダメージが出にくい技術へと進化させています。

 ストパーと言えるメニューだけど、その効果は、薬剤での調節や、2液作用である酸化作用の方法を選択することにより、艶の出方を最大に保つことさえ可能となりました。この方法は、アイロンであったり、ブロー処理です。

ストパー
縮毛矯正同様ストパーを行う場合アイロンを使用する、アイロンストパーなどは、分解が起きていない毛髪では、最高の艶を発揮し、最高のストレート感ストレートヘアを発揮することが可能です。
縮毛矯正という技術は、縮毛をストレートに伸ばす技術ですが、癖がなくてもボリュームを適度に落とした最高のストレートヘアを作り上げたり、艶を与えるためのアイロン効果であったり、本当に皆様の女子力を上げることをいとも簡単に行ってしまうそんな技術へと進化しております。

ストパーのデメリット

 ストパーのデメリットは、昔のストパーに比べるとほとんどデメリット的要素は、気づきません!
ただいえることは、自癖に関しては、ストパーという観点から、癖が取れない技術を行うので、癖を取りたい方は、縮毛矯正を選ぶことが、目的を果たすことかと思います。

ストパーの魅力!

エンパニのストパーは、艶を求める方に本当に適した技術です。
カラーなどのダメージが消えてしまいます。
分解という酷いダメージは、論外なのですが、一度技術者に毛髪を見せていただけると幸いです。行える毛の状態を説明してくれるので、しっかり判断してください。
デジパーもダメージがひどくなければ綺麗に取れます。他の技術でデジパーを取るぐらいならぜひエンパニ導入店での施術をお勧めいたします。本当に素晴らしい艶を手に入れられますのでこうご期待です。

ストパーと縮毛矯正の違いは?

ストパー・縮毛矯正、両者の役割をご理解ください。
ストパーは、自のくせをのばすものではなく、人工的につけたウェーブを取るものです。
アイロンストパーは、縮毛をのばすためのものではなく、直毛に最高の艶を与えるための技術です。
縮毛矯正は、縮毛・強い癖をのばす技術で、時間やダメージ軽減処理などの神経を使うため高額となります。
このように理解していただき、技術を選んでいただくと的確に喜べると思います。

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

このページの先頭へ