なぜ?に答える!シャンプー 縮毛矯正
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック 練馬 縮毛矯正リンクスフォーヘアー

シャンプー 縮毛矯正の関係
シャンプーは、悪いものなのでしょうか?なぜ縮毛矯正をかけたときに今日はシャンプーしないでくださいといわれてしまうのでしょうか?などの質問が多くおせられます。色々参考にしてくださいね!

・シャンプーは、悪くありません!
シャンプーをして良いか悪いかということで多くの方が疑問に思っているようです。シャンプーしてよい技術とシャンプーしてはいけない技術がありこの2種類の技術によって様々な見解が寄せられています。主に理論考え方の差や酸化工程に対して、違いが生じます。一般の方もここで書かれている知識をつけて、常識的に理解できるようにしてください。
・シャンプーをしてはいけない縮毛矯正
シャンプーをしてはいけない縮毛矯正は、毛髪内部が安定していない縮毛矯正です。反論する美容師はいないと思います。美容師は知っていることですが、真実をこのような書き方をすれば、あまり理解できていない方は、反論するかもしれません。皆様が知識を持って対応してください。

シャンプーは、汚れを溶かし洗うものです。汚れ=素の髪にない物質=人工物質=擬似的効果を目的とした物質=ミネラル=濃密成分=ホコリ=ゴミだんだん表現が露骨になってきていますが、このようなものを取り除くのがシャンプー剤です。してはいけない理由は何だと思いますか?縮毛矯正は、毛髪内部に多くの擬似的作用を発揮する物質を残します。ツヤや手触り、ダメージがある毛髪はこれらの成分がないとバサバサという素の髪が出てきます。だから、これらの物質がはがれないように現れると困るから洗うなということです。

・シャンプーをしてよい縮毛矯正
シャンプーをしてよい縮毛矯正は、その時点で完全に安定している技術で、擬似的物質や人工成分に頼っていない素の髪でツヤツヤストレートを実現している技術です。素の髪でツヤツヤは、見た目でダメージがない!と判断できることです。皆様がダメージと判断するものは、見た目で『あなた髪バサバサね!』ということが傷んでいることですね!素の髪で美しい髪を傷んでるとかんじる方はいませんが、美容師の中には、この表現を薬品使うのだから傷んでいるという、まったく土台の違う表現を持ってくる人間がいます。そのような意見はちょっとおかしいですね。^^
もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

シャンプー効果

シャンプーは、汚れを問うものです。縮毛矯正で、不純物を入れる技術は、この成分をはぎ取れれてしまいバサバサがでます。ここで2つの見えない事実が存在します。もし、3日洗わないで!といわれそのとき綺麗だった、しかし、3日後洗ったら、バサバサになった!このとき美容師に相談したら、こういわれると思います。

シャンプーをするのが早かったかな?まだ定着していなかったかな?といわれるかと思います。しかしこの状態の毛髪はもう直りません!(酷いダメージ・バサバサな時)まだ毛髪が生きているときでウェーブがとりきれていない場合は、確実にやり直しができます。先ほどの限界を超えている毛髪は直りません!シャンプーが悪いのではなくすでに毛髪は壊れているということを知っておいてください。

シャンプーは何がよい

シャンプーをして良い縮毛矯正の場合、内部成分がゴテゴテのシャンプー剤は、いりません、毛髪がしっかり安定しているので軽いものをご使用ください。

シャンプーを行ってはいけない縮毛矯正の場合、ご指定のシャンプー剤を使用することをおすすめいたします。この場合、ダメージを隠すタイプの縮毛矯正なので毛髪内部がぐちゃぐちゃです。常に人工成分を補給しながらその成分を剥離しない専用のシャンプー剤をご使用ください。

シャンプー剤は、気に入ったものを

シャンプー剤は、においや適度にご自身の毛髪が絡まないものをお選びくださいというのが弊社の考えです。
弊社の技術は、シャンプーをしても良い技術です。毛髪内部に異物を仕込みません!このことは、素の髪で美髪に導くことが完成されているためです。仕上がりの時点ですぐにシャンプーしてもぜんぜん大丈夫です。毛髪の安定は、技術が終わった時点ですべて完結しているので基本的に後々のダメージすら出ることはありません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ