エアストレート‐特徴
縮毛矯正技術の最高峰、第一印象は髪で決まる、好印象美髪矯正エンジェルパニック

足立区 縮毛矯正

エアストレートの特徴

エアストレートとは、アイロンを使わずエア・空気・ドラーヤーにより酸素を送りドライヤーなどのすくない熱エネルギーにより酸化固定する方法である。また、エアアイロンを使うエアーストレート・エア縮毛矯正なども存在し、一般的にドライヤーを使うストレート技術をさします。多くのサロンが特定の技術を行ってはいないので、エアストレートイコールこの技術ということにはならないのが現状でしょう!

エアストレート・酸性系

エアストレートで酸性系の技術としてあらわされるものがあります。酸性でのない技術もあり、アルカリを使いこなした技術のほうが幅も広く技術的効果も望めます。各店様々な工夫の元素晴らしいストレート効果を提供できる内容なので、サロン選び技術選びをすれば確実な良いスタイルになることは間違えありません!

縮毛矯正にて、ストレートパーマとしても基本は、縮毛を伸ばすか、ゆるいくせを伸ばすかのストレート技術です!全て力配分または、薬剤の力配分です。どんな道具も使いこなしさらに、薬品の性能を理解しておけば、ネーミングなど関係ありません!力の配分が重要です!この言葉が理解できれば優秀です。

エアストレートが求められる訳

ストレート技術において、多くの美容師が縮毛矯正一色になった時代があります。その現象で、多くのダメージを負ってしまった方が多数でました。このことから、多くの美容師は、縮毛矯正という技術から離れ初め、簡単なストレート法ということからストレートパーマレベルの表現に変わってきました。ストレートパーマ=癖が多少残ってもいいわけができる!これで嫌なら縮毛矯正にしましょう!こんな表現が成り立つので、癖が少々取れなくてもストパー形式の技術が現在出始めています。

エアストレートは強い癖には不向き?

エアストレートに関して、こんな質問があります。いろいろ評価を見ていると癖が残ったとか、変化がなかったとかがあります。このような内容には、エアストレートが強い癖や、パーマのくせ、デジパーのウェーブが取れないということが言えます。ここには、アルカリを使いこなさなければ、絶対に成果が上がらない現実があるので、硬い髪、癖が強い髪、パーマウェーブやデジパーウェーブを取るということには、エアストレートは、不向きです。特に酸性系の薬品であれば求める場合、癖が残っても仕方ないということで注文されることをおススメいたします。ストレートパーマに属する技術において、縮毛矯正や矯正技術という強いものではないということを知っているとトラブルにはならないでしょう!またよい技術者は、そのような内容を説明してくれると思います。

エアストレートと縮毛矯正の違い

エアストレートと縮毛矯正の違いは、基本アイロンをかけるかかけないかです。酸性系縮毛矯正などもありこれらは、アイロンを用いた縮毛矯正なのですがエアストレートは、癖は残るということを認めてしまった技術となります。
美髪を提供するならば、すべてを攻略していかなければならない!ここが重要です。癖がのっこってよいではなく、最高を提供できれば最高でしょう!

もっと詳しく

shutterstock(100)
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ